閑人

アクセスカウンタ

zoom RSS BCL アンテナ比較

<<   作成日時 : 2015/09/23 11:29   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

シルバー世代の彼岸休みも終わりの日、手持ちのアンテナの比較をしてみました。公平な比較でない事を最初にお断りしておきます。
画像

比較対象は、ダイアモンド社のD1300AM、自作MLA2種(8D-SFA 直径150cm、3C-2V 直径75cm)の3種です。
測定結果を見ると、D1300AMの圧勝です。MLAの2種は、利得にして、10から15dBの差です。D1300AMと150cmMLAとの利得差は、3から7dBになりました。
さて、8月30日(9月5日編集)の記事と比較すると、同じ75cmMLAとの測定利得差が、約10dBあります。これは、測定環境が屋根の上から室内に移動しているためです。さらにアンテナの隣に地デジのテレビが動作状態で置いてあります。テレビとアンテナループの距離は、10cmと70cmです。近傍磁界が距離の3乗に比例すると仮定すると。受信するノイズレベルの差を計算すると、25dB以上ありそうです。100kHZ以下で比較すると、23dBのノイズレベルの差があります。ファラデーシールドのループアンテナでも、ノイズ源から意識的に離す必要がありそうです。

さて、室内と屋根の上との利得差が10dBとして比較すると、D1300AMと150cmループアンテナの利得は同等と言えそうです。しかし、アンテナの外観や大きさで見ると、D1300AMが良さそうです。

ループアンテナ同士の利得差は、計算によると。ケーブルの芯線の太さの違いで、+8dB。ループの面積の違いで+6dBとすると、約+14dBの利得があることになります。測定結果と一致しています。

尚、D1300AMは、設置環境に結構敏感です。ノイズ源から離すことも大事ですが、高く上げるよりも、屋根の近くに置いた方が良いようです。ディスコーン部分も、屋根に近い方が結果が良いようです。ちょっと不思議なアンテナです。

とりあえず、150cmループは解体する予定です。最後に写真だけ残しておきます。
画像

結合部分は、同軸ケーブルにM-Pコネクタを両端に付けて、ミライの端子ボックス内部で、シールド外皮と芯線を接続して、ファラデーシールドにしています。また、FT50-#43コアに極細同軸を巻いたバランが入っています。
画像


無理やり作って見た大型ループですが、彼岸に運命を迎えたようです。合掌

追記:マンション建設のクレーンは、連休前の天候で、雷が一晩中大きな音を立てていたので、連休中は、畳んであります。この間に、D1300AMの設置場所を探していました。クレーンが立ち上がると、またノイズの嵐になります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
アンテナ比較、興味深く拝見しました。
無線はアンテナが命ですよね!自分の自宅は、日中ノイズの嵐です。
多分太陽光発電のパワーコンディショナーだと思います。夕方からノイズが下がるのと、曇り、雨の場合にノイズが減ります。
場所はおおよそ特定はできていますが、設置後なので対処できないのが実状です・・・また、会社の方は、近所の大型冷蔵庫とエアコンです。これは、ループアンテナのヌルで多少減少していますが7MHzがノイズの大波小波です。
小型で設置ができるアンテナをいろいろと思案しています。小型であれば高所に設置するのも簡単ですしノイズ源から少しでも離すことができます。昔に比べノイズ源が多いためアンテナ設置も一苦労ですね〜
さて、ループアンテナについてなんですが、ケーブルの種類でもマッチングする周波数やゲインが変わります。今一番良いと思われるのが5D-FBです。重量もほどほどですし加工も簡単です。HFのHiバンドならRG58がとても良い感じでした。逆に13MHzのゲインが上がりすぎてノイズだらけになった記憶があります。プリセレクターを入れれば良いのでしょうがまだ製作に至っておりません、今後製作しましたらご報告したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
ゆうちゃんのパパ
2015/10/03 11:30
ゆうちゃんのパパさま
コメントありがとうございます。今日は、SA7000のアンテナ以外を全て撤去しました。足場の邪魔になる為です。
磁界ループアンテナは、ファラデーシールドの効果を狙っているのですが、直径が75cmから1m程度だと、13MHz位で、水平偏波の利得が上がります。6MHz以上からノイズが増えてくるのもこの影響だと思っています。部屋の中で、3次元的にアンテナを回転させて見ると面白い結果になります。ぜひ体験してみてください。
また、芯線の太さやループの損失で、利得も大きく変わります。
面白いアンテナですし、製作も簡単です。大型ループは、2回巻きのループアンテナに変身して余生を送っています。
非同調ループアンテナにプリセレクタの組合せは楽チンです。
今後ともよろしくお願い致します。
TOSHI
2015/10/04 11:17
気持玉を頂きましてありがとうございます。
大地と暮らすアンテナは、計算通りには働きません。家電のノイズから離れる為には、様々な工夫が必要なので、考えることと、確かめる事が楽しくなります。離れた場所からのノイズは、既に電磁波なので逃れようがありません。周辺のノイズは、近傍磁界としてコモンモードノイズ対策として、ファラデーシールドや、絶縁トランスが有効なようです。
しかし、直径1.5mのループはやりすぎでした。知見だけを残しておきます。
今後ともよろしくお願い致します。
TOSHI
2015/10/31 09:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
BCL アンテナ比較 閑人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる