アクセスカウンタ

<<  2016年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
LTspice uA741 model
LTspice uA741 model LTspiceのOPアンプのモデルを作成する場合は、大きく分けて2種類の作成方法があります。 普通に、デバイスメーカーが配布しているmodelは、PSPICEの標準モデルです。 LTspiceで無理やり回路を作成すると ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/27 15:01
2SC1815 SPICE model
2SC1815 SPICE model 今日は、今まで気にしなかったことを考えて見たいと思います。ダイオードのSPICEモデルを作りながら、実際の設計では、エイヤーと誤差10%程度で計算しています。今、手元には、2SC1815のSPICEモデルが沢山あります。しかし、自分で回路動作を検討する時には、2N222Aのモデルを選んでいます。これは、2SC1815のモデルを作るのに、東芝のデータシートだけを見て作成する場合と、広範囲で実測をしてからモデル化する場合で大きく異なるからです。 例えば、2SC1815互換の静特性を東芝と、フェアチ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/26 16:10
LTspice TL431 モデル作成
LTspice TL431 モデル作成 LTspiceで、TL431のモデルを2種類作っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 18:20
一気に LTspice XVII にお引越し
一気に LTspice XVII にお引越し 何気に、Linear TechnologyのWebを見ると、LTspiceの最新版 XVII のLINKがありました。物は試しと最新版をインストールしてしまいました。バージョンIVとXVIIは、同時にインストールが可能です。少しビヘイビアモデルが使い易くなったように思います。また、Windowがフローティングに出来るので、2画面のPCを使うと、便利です。 モデルを作成するのに、回路図に、直接モデルを記述して、波形を見ながら、パラメータを調整するのが、楽になりました。LTspiceは、マニュアル... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/11/20 19:16
LTspiceにお引越し
LTspiceにお引越し 今まで、SPICEとして、Micro-Capを使ってきました。シミュレーション後のグラフの表示機能が気に入っていたからです。ただし、評価版の為に、大規模な回路が使えません。そこで、先月から、LTspiceへの乗り換えを行っています。 今まで使ってきた、デバイスモデルを変換するのですが、10年以上も溜め込んできたモデルを登録するのに疲れています。そこで、気分転換の為に、ダイオードのモデルを新規に作ってみる事にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 11:29

<<  2016年11月のブログ記事  >> 

トップへ

閑人 2016年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる