HFコンバータ(TT@北海道さま)の入力コンデンサ追加

サッカー日本代表ガンバレ!!

少しの時間がとれたので、手直の作業でお茶を濁します。
TT@北海道さまのサイトで、先月(5月24日)に、アンテナ入力のDC保護用のコンデンサの追加のお知らせがありました。各所で、問題なしとのレポートがありました。今頃になって私も追加してみました。

最初に、入力コンデンサの容量を決定する為に、「趣味レーション」結果から
画像

入力のコンデンサを、1uF、0.1uF、0.01uFの3種類で凡その特性を見ると、0.01uF位では、MW(中波)以上の周波数で使えそうです。1uFでは、10kHzでも損失無しになります。
指定範囲の、0.1uFでは、-3dB@16kHzで、40kHzのJJYでは、損失も殆どありません。
私のHFコンバータの特性は、

1uF(低域の特性は測定不能です。LPFのカットオフ周波数は、約45MHz、設計通りです。)
画像

0.1uF(カットオフ 19.2kHz)
画像

0.01uF(カットオフ 152kHz)
画像


ついでに、出力フィルタの特性も測定しました。
シミュレーションでは、HPFのカットオフが、101MHz位になっていますが・・・
画像

実測結果は、カットオフが93MHzとなって、DC入力での変換周波数100MHzでは、損失がありません。また、通り抜けも、-40dB以上はあるようです。
画像

実際の通り抜け(feed-through)は、48MHz前後で、約-70dBありました。
画像


今回は、測定のみで、考察はありません。時間があれば、スイッチング電源のノイズ対策の記事になりそうですが、まだ手付かずの状態です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TT@北海道
2014年06月17日 21:05
追試ならびに詳細なシミュレーションと実測をしていただいてありがとうございます。ここまでやっていただけるとは、大変恐縮です。とても参考になります。自分ではここまでやっておりませんでしたので有り難いです。
結果を拝見すると、まるで狙ったかのようにどんぴしゃですね。多分に偶然の要素もあるかと思いますが、いろいろと上手くいっていたようです。結果を見てすっきりしました。
何かお気づきのことがあれば是非ご指摘ください。引き続きよろしくお願いいたします。
TOSHI
2014年06月18日 07:29
TT@北海道さま
コメントありがとうございます。
トラ技の記事、NXPのMac版の件、もろもろ有名人ですね。
私は、趣味の範囲でのんびりしたいと思います。
最近は、PCのソフトウェア性能が向上したので、シミュレーションは簡単になりました。30年前ならこれだけで1日仕事でした。
部品も小型化で設計通りの動作が可能になった事を実感しました。
今後ともよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック