閑人

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔のTCXO 秋月 KTXO-18S03A-4-12.8Mの仕様

<<   作成日時 : 2015/01/18 14:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

部品を整理していたら、秋月電子で購入したTCXO(Temperature-compensated crystal oscillator)が出てきた。200円の値札がある。仕様書の一部を載せて見たい。
画像

品番は、KTXO-18S03A-4-12.8M (KYOCSRA) で、AVX KYOCSRA製と思われます。昔のカタログを見ると、コードレス電話用のTCXOのようです。データシートには
画像
画像

周波数安定度は、±3ppm。温度範囲の周波数安定度は、0から50℃で±5ppmと判り難い表記になっています。電源電圧は、3/4/5Vで動作するようです。品番に"-4"が付いているので、4Vで調整出荷されていたのでしょうか。どうも秋月の特注品かも知れません。大元の標準品のグレードダウン品なのでしょうか?
(上の表の出力電圧の測定条件、1kW。10pFは、1kΩと10pFの並列の間違いです。)

TCXOは様々な種類を持っているのですが、こんなのもありました。
画像

19.2MHzです。1998年キンセキが京セラになる直前の製造です。当時のPCは、キンセキのEXO03が大量に使われていた記憶があります。

何故、突然こんな物を出してきたのでしょうか?
実は、今朝から、SDRのスティックをいじっていて、最後の1個以外を全て壊してしまいました。次のRTLSDR用のUSBスティックを購入する必要がありますが、今は何もできなくなりました。

SDRの28.8MHzのクロックを改善しようとして、コンデンサの温度補償や、KTXOの12.8MHzの水晶を28.8MHzに乗せ換える。19.2MHzのクロックを3倍(ICS512)してから1/2に分周して、28.8MHzにする等々の変更方法を考えていました。それぞれに一長一短があり、これといった決め手になっていません。
そのままの回路で、水晶発振回路のコンデンサにトリマコンデンサを追加するのが一番効果的に思えました。

他にも、やりたい事はあるのですが、対象となるUSBスティックが無いので、何を買うか悩んでいます。R820T2も見てみたいのですが、どれが本物なのか判別できません。シンセンでは、LSIが50円位からありますが、リマーク品の可能性があるので・・・
かといって、20USD以上も出して購入するのもつまりません。誰かがこれは本物だと判定してくれないでしょうかね?

RTL2832Uについても、 superkuh.com/rtlsdr.html に、内部スイッチング電源の停止方法が載りました。27ピンをGNDに接続すると、発振が止まるようです。外部に1.2Vの電源を接続すれば、ノイズが除去できそうです。
1MHz前後のノイズは、アンテナ入力側から、LNA経由で入ってくるようで、アンテナ側の配線のインピーダンスを低くしておけば、かなり低減できます。例えば、アンテナコネクタに、-3dBのアッテネータを付けるとLNAのゲインを上げても目立たなくなります。ただし、ダイレクトサンプリングでの配線への飛び込みや、通常状態での電源ノイズが、サンプリングクロックの設定によって、様々な所に出て来るので、見分けるのも難しく、さらに、ノイズの評価方法によって(例えば、発振器をアンテナ入力に入れると、ノイズが小さくなる等)、様々な結果が出るので、説明が困難なのも仕方が無い気がします。

とりとめも無い話で申し訳ありません。
仕事の方も中々進みません・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
投稿後すぐに元気玉を頂いて驚いています。
自身は、意気消沈状態でしたが、少し元気になりました。
ありがとうございます。
TOSHI
2015/01/18 18:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔のTCXO 秋月 KTXO-18S03A-4-12.8Mの仕様 閑人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる