TT@北海道さま ADS-Bプリアンプ β2 製作記

TT@北海道さまより、ADS-Bプリアンプのβ2を送って頂きました。到着したのは先週で、1週間机の上にありました。
画像

今日の午後3時から製作を開始、最初にLNA(BGA2748)の特性を見てみます。
最初に広帯域の周波数特性から、400MHzから2GHzまで、20dB以上の利得がありそうです。
画像

では、1090MHzでの入出力特性です。入力-36dBmまでは、22.5dBの利得があります。1dB利得圧縮ポイントP1Bは、出力-11dBm@入力-32.5dBmでした。
前に書いたように、BGA2748の出力が容量性なので、出力のコンデンサと分圧されて損失が発生します。
今回のβ2では、33pFになっていましたが、やはり100pF以上が必要なようです。
画像

SAWフィルターを取り付けた完成状態です。まだ全ての部品は付いていませんが、動作するのに最小限の構成です。
画像

SAWフィルターを取り付けた侠帯域特性です。挿入損失は、-2.11dBと計算されました。
画像

広帯域で見ると
画像

SAWフィルターの高次スプリアスが、2GHz位に見えています。
今日はここまで、久しぶりに、1日中半田ごてを持っていました。TT@北海道さまには、楽しい時間を提供頂きまして感謝あいます。
これから、飲んで寝ます。ごきげんよう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック