ADS-B 1090MHz Twin Delta Loop Antenna ツインデルタループアンテ

3段コ・リニアの調整時間が取れないので、すぐにできるツインループアンテナを作りました。無調整で屋根の上50cmに設置してみました。指向性があるので、不要な信号を拾わず、プリアンプも無しで、300km弱まで見えるようになりました。
写真を撮っていないので、図面とMMANAのデータです。
画像

1090 Twin Loop
*
1090.0
***Wires***
7
0.0, 0.0, 0.003, 0.0, 0.0953, 0.055, 0.0015, 0
0.0, 0.0953, 0.055, 0.0, 0.0953, -0.055, 0.0015, 0
0.0, 0.0953, -0.055, 0.0, 0.0, -0.003, 0.0015, 0
0.0, 0.0, -0.003, 0.0, -0.0953, -0.055, 0.0015, 0
0.0, -0.0953, -0.055, 0.0, -0.0953, 0.055, 0.0015, 0
0.0, -0.0953, 0.055, 0.0, 0.0, 0.003, 0.0015, 0
0.0, 0.0, 0.003, 0.0, 0.0, -0.003, 0.0015, 0
***Source***
1, 0
w7c, 0.0, 1.0
***Load***
0, 0
***Segmentation***
800, 80, 2.0, 2
***G/H/M/R/AzEl/X***
2, 5.0, 3, 75.0, 120, 60, 0.0

受信結果は
画像

知多半島を飛んでいるのは羽田から大阪(KIX)行きのスターフライヤー(高度3.2万フィート)です。
画像

プリアンプやフィルターの効果が出るのは、指向性アンテナの方が有利かも知れません。今日はここまでと思って、アンテナを少し回してみると、320kmを超えました。
画像

RTL1090のフレームレートも、今までは、120/秒位だったのが、軽く250/秒を超えました。
画像

近場も、羽田の離発着が、かなり低い所まで見えるようになりました。
画像

アンテナを少し回すだけで、見える飛行機が変わります。
画像

雨が降って、雷が聞こえたので、アンテナを降ろしました。慌てたので、軒にぶつけて、半田が取れてしまいました。
画像

画像

"ADS-B 1090MHz Twin Delta Loop Antenna ツインデルタループアンテ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント