テーマ:ノイズジェネレータ

BCLプリセレクターの設計と製作 その5 SDR#でフィルタの調整 RTLで調整

先週のフィルタの調整で、SDR#とゲイン設定や、デシメーション機能の付いたドライバ(modrtlsdr)で、フィルタを調整しました。今回は、フィルタの調整にリターンロス(S11)による方法を紹介します。 フィルタは、特性インピーダンスを指定して設計します。使う場合は、通過(振幅)特性(S21)を利用します。しかし、多くのコイルやコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BCLプリセレクターの設計と製作 その4 SDRで調整する

BCLのプリセレクターの製作をしていて、以前に、ノイズジェネレータを作った事を思い出しました。峡帯域のフィルタならば、調整に使えるかも・・・。やってみました。最初に、受信環境は、SDR#(1333)です。スペクトラム表示に、デシメーションが使えます。さらに、3.2Mbpsサンプリングも可能です。対象のフィルタは、1.5MHzから4.5M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スペアナごっこ」再挑戦 信号源はノイズジェネレータ

最初に、ノイズソースの比較 半導体をノイズソースとする場合、手持ちの部品では、大差はありません。2SC1815Y、2SC1906、RD12EB(ツェナーダイオード)で比較 ついでに、2SC1815Yのベース-エミッタ間のブレークダウン特性です。(約8.5V) そこで、DDD無線クラブ殿のノイズ発生器をコピーさせて頂きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more