テーマ:広帯域

VCHアンテナを妄想する

今週も忙しい、そこで、来年に向けて、外部に出すアンテナを考えています。小さくて、そこそこの性能が期待できるアンテナとして、VCHアンテナがあります。特徴は、1/2λのエレメントをコイルで短縮して、インピーダンスが低下したのを、オフセット給電で、マッチングをするのがコンセプトのようです。 形状は 今考えているのは、80m、40m、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FM ダイポールアンテナの製作

我慢ができなくて、午後から、室内用のFMダイポールアンテナを作りました。 何も考えずに、手持ちの材料を眺めて、VP20の水道パイプ(内径20mm)の中に、直径19mmのアルミパイプを収める基本アイデアを採用しました。アルミパイプは、廊下でも回転できる全長1600mmとして、長さが不足する分を、銅線を直角に曲げて取り付け、同調させる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100均 室内アンテナ (10月19日加筆)

しばらくの間、外にアンテナを出せない。そこで、室内アンテナを作ってみました。材料の基本は、ダイソーの指し棒です(短いロッドアンテナです)。長さは13から64cmです。胸クリップを外すと、M5のオスねじが出てきました。基板スペーサ(M3x10)に4.2mmの穴を深さ5mmまで広げて、M5のタップを立てました。差し棒とハンダ付けして出来上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DIAMOND D1300AM を考える

ダイアモンド社のD1300AMを購入して、設置方法を変えながら様子を見ています。設置の状態で変化する周波数帯域と安定した性能が出る周波数帯域があるようです。 MMANAを使って、シミュレーションしてみました。性格が判る程度にローディングコイル部分を簡略化しています。実際にはもう少し複雑な動作をします。最初に計算データをお見せします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BF998 DUAL GATE MOS FET ソースフォロア 8/7修正

先週に続いて、プローブのヘッド部分のFETソースフォロアの実験です。半導体のパッケージを揃える為に、SOT23に近い外形のFETを探していました。そこで、昔からTVで汎用に使われている、BF998を選びました。国内で、33円/個です(MOQ:50個)。入力容量は、パッケージが小さいので、2pF程度です。実装に注意すれば、近い特性が得られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エミッタフォロアの実験 2SC5064Y

自作FETプローブの予備実験として、トランジスタのエミッタフォロア回路を検討しました。トランジスタとしては、2SC3356相当の、東芝製2SC5064Yを使ってみました。SPICEのモデルを作って、検討してみると、エミッタフォロア1段では、入力の影響を大きく受け、電流ゲインが不足するので、2段構成で作ってみました。普通であれば、PNPと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BGA2866 23dB 1.5GHz広帯域プリアンプの製作 その2

プリアンプを作り直してみました。といっても、ベース基板を取替えて、出力を同軸ケーブルに替えただけです。 変更前の周波数特性は、2200MHZまでで 作り直してみると とりあえず、演算機能を使えば、フィルターの周波数特性が測定できる範囲になりました。全体で、10dBの変動範囲に入っています。これをハモンド社のアルミダイキ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

UHF 広帯域アンテナ(432MHz対応) UHF Wide Band Antenna

昨晩の記事は内容が希薄すぎるので、もう少し説明します。以前に、ADS-B用のJ-POLEアンテナを切詰め過ぎたので再作成した記事を書きました。実は、J-POLEの1/4λラジアルを長くすると、突然低い周波数でSWRが下がります。MMANAで確認すると再現可能な事が解りました。ググッて見ると、日本アンテナ株式会社殿の特許の図面が見つかりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎のアンテナ 広帯域電圧給電モノポール 使い道なし

息抜きで、30分で作れる、謎のアンテナを紹介します。 用意するのは、秋月のロッドアンテナ、銅線190mm、その他少々。 このアンテナは、J-POLEアンテナを実験している時に見つけました。しかし、特許検索をすると、既に「日本アンテナ」から特許登録されていました。 1/2λの電圧給電アンテナに、1/4λのラジアルを沿わせた構造です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more