テーマ:ADS-B

ADS-B 3段コリニアアンテナ 秋の彼岸

今日は、墓参りの予定です。朝6時過ぎに雨音で目覚めました。出発まで4時間あります。そこで、手持ちの材料でアンテナを自作することにしました(意味不明)。昨日の記事で、アンテナが周囲の影響を大きく受ける事をシミュレーションで説明しました。これを体験するのが目的です。 今まで、MMANAで検討してきたアンテナで、比較できる物を考えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンテナの地上高と利得 大地のめぐみ

多忙に忙殺されて、しばらくネットから離れていました。アンテナの地上高と利得の関係について低い周波数では感覚的に大地に近いダイポールは利得が下がる事は理解していましたが、高い周波数で、垂直系のアンテナへの大地の影響を知りたくて、本日、帰宅してから、簡単にMMANAを使って様子を見てみました。 送信アンテナと受信アンテナには、ハイトパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADS-B 自作アンテナのSWR

自作アンテナを作っていますが、1GHzで75Ωのアンテナを調整する為には、様々な手順が無いと難しい事が解りました。普通の測定器やアダプターは、50Ωで統一されています。100MHz位までは、75Ωの終端抵抗も自作しても実用になりますが、1GHz程度になると、リアクタンスを打消すのも難しくなります。私は、容量性にしてLPFのポールを作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一電波工業 D555の測定 その3 ADS-B 1090MHz

昨日は時間切れで、1090MHzのデータを掲示しませんでした。 測定結果は2種類です。できるだけ自由空間に近い設置条件と、車のルーフ等のようにGNDが周囲にある場合を測定しました。 最初に、結論です。D555は、給電部近くにGNDがある事を前提として設計製造されているようです。ただし、ラジエターが付いているようで、環境による影響は軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一電波工業 D555の測定 その2 130MHz周辺

昨日のデータを再び見直してみました。 D555は、1090MHzのADS-Bのアンテナとしては、5/8λのモノポール2段で、約5.5dBiと記載されています。接続コネクタ周辺を手で触ってみると、アンテナ下部のマッチングユニットの中に、1/4λグランドスリーブが組込まれているように思えます。従って、周囲の影響を受け難い安定した特性を持っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一電波工業 D555の測定

Webを検索して気付いたのは、ダイアモンドのD555アンテナの特性が記事になっていないことです。 自分でも、このD555アンテナで受信している時に感じたのは、設置環境に大きく影響を受けることでした。 普段でも、自分で電圧給電のアンテナを作っているので、こんなものかと思っていましたが、メーカーが受信用に販売するアンテナなので、再現性が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ADS-B 1090MHz Twin Delta Loop Antenna ツインデルタループアンテ

3段コ・リニアの調整時間が取れないので、すぐにできるツインループアンテナを作りました。無調整で屋根の上50cmに設置してみました。指向性があるので、不要な信号を拾わず、プリアンプも無しで、300km弱まで見えるようになりました。 写真を撮っていないので、図面とMMANAのデータです。 1090 Twin Loop * 109…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ADS-B アンテナハイトパターンのピッチについて

朝6時、昨日の記事でアンテナと近傍の電波を反射する物との距離に関連する特定のパターンがあると説明しました。 これは、送信点から受信アンテナまでの経路が受信アンテナ近傍の反射で直接波と反射した電波の2つの経路の時間差により合成される受信強度がアンテナ高さにより決まることを説明しました。 受信信号レベルを計算するのは面倒なのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADS-B アンテナ高さと受信

夕食前、30分の時間が出来たので昔の事を思い出した。 以前、MMANAでシミュレーションする場合、周波数(波長)とアンテナの高さは性能に大きく影響していた。エレメントの近傍にある大きな金属との距離が、受信電圧に大きく影響を与えるのです。 昔、電子機器の外部雑音を測定する場合、周波数が高くなると、受信アンテナを上下させて、最大値を探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADS-B その後 RTL1090 アンテナ、プリアンプ、フィルター

忙中閑あり、短時間の作業と、手を掛けずに出来ることを目指して、ADS-Bについて実験してみました。最初に、ポチッと購入した、第一電波工業のD555について、さすがにプロが設計したアンテナです。5/8λ2段で、5.5dBiの公称性能ですが、給電点地上高4.5m(窓の外50cmに設置した結果、200km強が見えています。 室内のJ-P…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADS-B設定間違いでした

昨日の受信記録について従来のデータと比較して良すぎるので納得できず、AdsbScopeの設定を見直しました。 結果、位置予想機能がONになっていました。冷や汗たらたらです。 そこで、30分前から、受信し直してみました。 半径200km程度が実力値でしょうか。 室内からの受信なので、妥当かと思われます。 以前の、J-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADS-B 受信結果(4時間)

PCを消すのを忘れていました。4時間経過していました、ちょっと見て見ると、東側に何かあります。 拡大すると、サンノゼに向かうANA(777)でした、何かの拍子に受信したようです。今頃はシカゴに向かっているのでしょうか? アジア圏内も結構見えています。トレースした機体も350を越えました。Jポールアンテナは、材料さえあれば…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ADS-B Bandpass Filter 1090MHzバンドパスフィルター

10分で作れるかもしれないバンドパスフィルターです。 何の目的も無く、作ってみたくなりました。基板(FR4、1.6mm)の切れ端を使って1/4λ共振型のバンドパスフィルターを作ってみました。 用意する材料は: 共振エレメント FR4基板 幅5mm 長さ25から30mm(計算では、24mm位) 2本 トリマコンデンサ 共振用 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more