テーマ:ダイポール

今日は、6m AND DOWNコンテスト DPとMOXON

測定器の定期点検がやっと終了しました。久しぶりの更新です。昨日、6m用のダイポールアンテナを作成して地上高9mまで上げてみました。 今日は、6m AND DOWNコンテストです。神奈川の100W局が強力に聞こえます。電離層反射はありませんが、地上高の高い移動局は、7エリアや2エリアも59+で聞こえます。やはり、GPより水平系のダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2バンドダイポール 40m+15m

以前に短縮2バンドダイポールを紹介しましたが、帯域が狭く使い難いので、様々な方法を検討してみました。 最初に前回と同じ構成で短縮率を下げた場合 スタブと全長で周波数を合わせるのですが、インダクタを1uHにすると、スタブの長さが短くなりません。 エレメントの途中に入れるコイルはこんな状態です。 中身のコイルは、直径28mm…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

100均 コンベックス ダイポールアンテナ

VCHアンテナの部品を作っていますが、このラジアル部分として使用する、100均のコンベックススケールのエレメントを評価していましたが、目玉クリップでは接触が安定しません。そこで、構造を根本的に見直しました。 これが、今日の評価対象です。コンベックスのスケール(Tape Measure)の先端部分にφ4の穴を開けて電線用圧着端子の付…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2バンド短縮ダイポール

今月は、家が足場で囲まれています。来年に向かって、短縮ダイポールを考えています。ダイポールは、高く展開しないと大地の影響を大きく受けるので、設計や調整が難しいアンテナです。 トラップを使わない7MHzのダイポールに同調させるのが難しい21MHzのダイポールを組込んでみました。21MHzはフルサイズの逆V型ダイポールです、調整用のひ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

航空無線用、垂直ダイポール (100円指示棒)

今月は、飲み会が多くて、夜の実験ができません。昨日、買い物中にダイソーを覘いていると、テレスコピックの指示棒が2種類ありました。先月、手持ちを使い果たしたので、No.6(13.5-62.5cm)を買いました。今朝、開けてみると、構造が違うことに気付きました。そこで、ダイポールアンテナを作りながら、違いを説明してみたいと思います。 作っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more