受信用ループアンテナ 経過

昨晩、8D-SFA(藤倉同軸ケーブル)で、直径1.5mの巨大なループアンテナを作ってみました。
結果は、3C-2Vの直径0.75mより20dB近い利得UPになりました。SA7000より室内でも受信レベルが高くなりました。
8D-SFAは、芯線が約3mmのアルミに銅メッキです。
結果は、大きすぎました。室内では家電ノイズを結構拾います。(ノイズの原因は別にありました。9/17追記)
屋外に出すには大きさが問題です。
室内で回転できる、直径1m程度が手頃のようです。
8D-SFAの直径0.75mに再挑戦してみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック