秋月のファンクションジェネレータ FG085 シミュレーション

これから、夕食だが、ちょっとの時間で、FG085のアナログ部分を見てみます。
画像

これが、R-2RラダーDAコンバータと出力フィルターの部分です。
AVR(Atmega48PA)のポート出力は、20mAまで規定されています。この回路では、最大15mA程度流れます。
出力ポートの出力FETのON抵抗は、50Ωから80Ωのようです。簡易的に出力ポートのモデルを作成して、鋸波をシミュレーションしてみました。
画像

どうでしょう、以前に紹介した、オシロスコープの波形と比較すると
画像

これは、ラダー抵抗が、150Ω/300Ωと、AVRのドライブ抵抗に対して、低すぎる為です。
例えば、5kΩ/10kΩにしてみると
画像

まあまあの状態になります。大元の、miniDDSが、10k/20kΩだったのは、こんな理由がありました。
抵抗の精度も問題になりますので、できれば、1%以下で揃えたい所です。秋月のWebを見ると、0.1%のチップ抵抗があります。同じサイズの集合抵抗があればベストですが・・・・
今日はここまででした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック